東京プラチナムクリニックは保険適用される?

このページでは、東京プラチナムクリニックのミラドライ治療は
保険適用されるのか、についてご説明します。

 

 

東京プラチナムクリニック

 

 

  • 「東京プラチナムクリニックのミラドライに健康保険は使えるの?」
  • 「安く費用を抑える方法はあるの?」

 

といったことが知りたい場合におすすめです。
クリニックで施術を受けたい時に、気になるのは保険が適用できるかどうかですよね。
はたして、東京プラチナムクリニックのミラドライ治療に健康保険を使用することはできるのでしょうか?
保険が使えるのなら、金額が安く抑えられて施術が受けることが可能だから気になります。
そこで、東京プラチナムクリニックのミラドライ治療に健康保険が適用できるのかどうか確かめてみました。

 

東京プラチナムクリニックのミラドライ治療は、
自由診療なので公的医療保険制度の適用対象外です。
このため、施術費用はすべて自己負担となります。

 

健康保険は使うことができませんが、東京プラチナムクリニックでは、
お得なモニター制度が用意されています。
通常価格と比べて数万円安くなるので、かなりお得な料金で施術することが出来ます。

 

 

自由診療と保険診療の違いについて

 

自由診療とは、健康保険などの公的な医療保険が適用されない診療です。
治療費はすべて自己負担になります。

 

例を挙げれば、美容外科での手術、怪我や病気の治療以外の
目的の診療が自由診療として扱われます。
これ以外に、厚生労働省が承認していない治療も自由診療とされます。

 

東京プラチナムクリニックのミラドライ治療は、自由診療にあたります。
ミラドライの施術には公的保険制度は適用されないので、
健康保険証を準備する必要はありません。
保険診療は、怪我や病気などの治療を病院で受けるとき、
公的保険制度が適用されるんです。

 

公的保険制度に加入している場合、それぞれの疾患に応じて
定められている検査や治療を受けると、
治療費全額の3割の自己負担で診療が受けられます。
この保険を適用するには、医療機関の窓口で健康保険証の提示が不可欠です。

 

遠い場所から来られる方向けに、交通費の全額補助制度(最大2万円)を準備してあります。
もちろん、近郊にお住まいの人も対象となります。

 

 

東京プラチナムクリニックの●

 

 

 

 

東京プラチナムクリニックの交通費の補助制度

 

東京プラチナムクリニックでは、ご遠方の方もご来院しやすいように、
交通費の補助制度を設けております。
治療当日の自分の家からクリニックまでの行き帰り交通費を、
治療費からの値引きという形式で、上限2万円まで支給さしてもらえます。

 

対象交通手段は電車・バス・航空機等の公共交通機関となります。
タクシーや自分の車での来院は適用外となりますのでご承知ください。
交通費補助をご希望の場合、次に挙げる2点を忘れずに持参ください。

 

 

  • その日の交通費の料金が確認できる、交通機関発行の領収書
  • 現在の住居が記載されている身分証明書

 

交通系ICカードを使われますと、領収書が発行されないので、
交通費の支給ができなくなってしまいます。領収書の発行が可能な券売機等をお使いください。

 

 

【東京プラチナムクリニック】 ミラドライの評判と口コミ

 

 

 

 

東京プラチナムクリニックの●

 

 

京プラチナムクリニックの2回目までの間隔

 

ここでは、東京プラチナムクリニックのミラドライ治療の2回目の間隔についてご紹介します。
結論から申し上げますと、二回目のミラドライ治療までに3ヶ月は間隔を空ける必要があります。

 

 

このページは、ワキガ多汗症治療のミラドライを受けて、
何年もつらい思いをしていたワキガを乗り越えストレスのない生活を
手に入れた私の実体験を通して、
「ミラドライの二回目の効果と必要な間隔は?」といった疑問に回答します。

 

ミラドライの二回目の施術効果を知りたい方、
二回目の施術までに必要な間隔を知りたい方は是非ともご一読ください。

 

 

ミラドライの二回目までに空けるべき間隔

 

ミラドライの一回目の治療を受けてから、
二回目の施術までには少なくとも3ヶ月以上空けることが大切です。
ミラドライを一度照射すると破壊されなかった残りの汗腺も一時的に活動をストップします。
これら残りの汗腺はしばらく時間が経過すると、
活動を再び開始してまた汗を分泌することになります。

 

ミラドライのメカニズムとして、マイクロ波を照射して
汗腺にある水分と反応させてピンポイントに汗腺を破壊するので、
汗腺が休止していたらしっかりした治療効果が現れません。

 

それに、ミラドライの治療後は痛みや腫れ、しこりやむくみ等の症状が残ります。
こういったダメージが残った状態で照射すると、
後遺症の危険度が高くなると考えられることが理由で、
症状が改善されるまで最低3ヶ月は空ける必要があります。

 

 

ミラドライの二回目の効果

 

ミラドライは一回の治療でワキガや多汗症の症状を70〜80パーセントカットできますが、
症状がかなりひどい場合やより100%を目指したい場合は、
二回目のミラドライ治療を受けるケースがあります。
それに、二回目のミラドライ治療は割引が適用されてお得に受けれるケースが多いです。

 

ミラドライの二回目の治療を受けると治療前と比べて
90〜95%症状がカットすることが見込めます。
理由はかんたんで、ミラドライを一回照射することによって70〜80%の
汗腺を破壊することが可能ですが、残りの20〜30%は破壊されずに残ったままです。

 

そこでそれに加えて、二回目の照射で残りの20〜30%の
汗腺がさらに70〜80%破壊されることによって、
治療前と比べると90〜95%の汗腺が破壊されることになります。
90〜95%も悪い部分が改善されれば、
この先ワキガや多汗症で悩むことはほとんど無くなると言えると思います。

 

【東京プラチナムクリニック】 ミラドライの評判と口コミ

 

 

東京プラチナムクリニックの●

 

 

 

 

東京プラチナムクリニックの支払い方法

 

 

「東京プラチナムクリニック」の支払い方法で、
どういうやり方が利用できるかについてご紹介します。

 

実際に利用したい支払い方法がなければ、
やっと東京プラチナムクリニックのミラドライ治療を受けようと思っても受けられませんからね。
そういうわけで支払い手段の方法に何があるかは、事前に知っておきたいものです。
そこで、どういった支払い方法が使えるのか調べてみました。

 

「東京プラチナムクリニック」では、下記の3つの支払い方法が用意されてます。

 

  • 現金払い
  • クレジットカード払い
  • 医療ローン払い

 

それぞれ、説明していこうと思います。

 

現金払い

 

ミラドライ治療の料金を現金で支払う方法です。
この場合、一括払いとなりますので、分割払いはできないです。

 

 

クレジットカード払い

 

クレジットカードで代金を支払えます。
クレジットカードでは、一括払いだけ支払いが可能となっています。

 

しかし、その後で、クレジットカード会社に連絡すれば、
分割支払いに変更可能です。

 

それから、使えるクレジットカードのブランドは次の通りです。

 

  • ビザ
  • マスターカード
  • ジェーシービー
  • ディスカバー
  • アメリカンエキスプレス
  • ダイナースクラブ

 

医療ローン分割支払い

 

医療ローン(メディカルローン)を組んで代金を支払う方法になります。
料金を分割払いにしたい時には、医療ローンをおすすめします。
月々の支払金額も8,100円から設定ができます。

 

分割払いの支払いの回数も3回〜60回の中から、選べます。
利率に関しては7.8%に設定されています。

 

東京プラチナムクリニックでは、上記のような支払い方法が利用可能です。

 

 

東京プラチナムクリニック

 

 

 

東京プラチナムクリニックの●